体内の必須・参考・有害金属

ミネラルは健康を維持するためには必要不可欠です!

人間の身体を構成する元素は60種類以上です。その中の大部分は酵素・炭素・水素・窒素であり、全体の96%がこれらの成分で成り立っています。この4つの元素を「主要元素」、残りの4%の元素を「ミネラル(無機質)」と呼びます。

たった4%のミネラルですが、実はこの少数派が重要です。これらがバランスよく存在していないと、健康を維持することが出来ないばかりか生命活動の維持も難しくなってしまいます。

摂取のバランスが重要 摂りすぎ・不足どちらもNG!

タンパク質・炭水化物・酵素・ビタミン・脂質など身体に必要な栄養素はいろいろありますが、これらはミネラルがなければ十分にその働きを引き出すことが出来ません。ミネラルは健康維持の重要な役割を担っている欠かせない成分なのです。

ミネラルの活躍の例として鉄分は血液の中で酸素を運ぶ役割をし、銅は赤血球の中にあるヘモグロビンに鉄を渡す役割をするので、銅がないとせっかく鉄と結合した酸素を体中に運ぶことが出来ません。銅・硫黄は骨や皮膚・結合組織に欠かすことができません。骨や歯にはカルシウム・マグネシウム・リンを主成分としているので、これらが不足すると骨は弱くなって折れやすくなってしまい歯はもろくなります。

カルシウム・カリウム・ナトリウム・マグネシウムなどが不足してしまうと、けいれんを起こしたり神経障害を発症したりします。

このように身体には必要不可欠なミネラルですが、必要以上に摂取してしまうと今度は逆に「過剰症」という様々な障害が起きてきます。ナトリウムを取りすぎてしまうと動脈硬化や高血圧、脳卒中などの血管の障害が起きやすくなり、鉄やマグネシウムの吸収を阻害したり、腎結石や腎不全、高カルシウム血症などの危険が増えたりします。リンの摂取量が多くなりすぎると鉄・マグネシウムの吸収を阻害します。

どれも身体には無くてはならない成分ですが、このようにその摂取にはバランスが大事だということです。

有害金属はあなたの知らない間に体に蓄積される。

あなたはミネラルと言えば「体に必要なモノ」というイメージが思い浮かびませんか?
確かに、カルシウム・カリウムなど人間が生活していく中で適度に摂取しなければいけない成分がありますが、逆にそれを摂取すると身体に様々な障害を起こしてしまうミネラルもあるのです。

それらは水銀・鉛・カドミウム・ヒ素・アルミニウムなどの「有機金属」と呼ばれるミネラルです。これらは土や水、食べ物にも含まれています。

有名な例としては「水俣病」の原因は体内に水銀が大量に蓄積されたこと、また「イタイイタイ病」はカドミウムの大量摂取がその原因です。どちらも誰もが一度は聞いたことがある、大きな公害病ですね。まさに「有機金属」は身体にとって「百害あって一利なし」の毒以外の何物でもありません。

あなたの体内の必須・参考ミネラル・有害金属はどれくらい?OligoScan

必要な時間はわずか3分!OligoScan の本体から出る光を手の平の4ヶ所に当てるだけで体内にどれだけ必須・参考ミネラル20元素と金属14元素があるのかを測定することができます。髪の毛・爪を切る、血液を抜くなど身体を傷つける必要はないのです。

測定原理 世界最新鋭の技術

「OligoScan(体内ミネラル&y有害金属検査)」では世界最新鋭の特殊なスキャニング技術を使用し主に組織中のミネラルを測定します。

それぞれのミネラルは特有の色の波長を持っています。波長を特定して定量測定するのです。測定されたデータは即座にインターネットを経由してルクセンブルクにある開発元データベースまで送られ、約30秒で解析されレポートが完成します。

毛髪検査では過去の状態を調べることができますが、このOligoScanでは「今」の身体の中のミネラル状態が約3分という短時間で知ることが出来ます。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2015年11月6日

オンライン予約 求人情報 メディア掲載 口腔癌検診 成人歯科健康診査 マタニティー相談 ブライダルトータルケア
ドクターズファイル facebook 中央区ドクターズ デンタルケア三宮歯科医院ブログ 審美歯科BTA研究会