新型コロナウイルス感染予防のためにお口のケアをおすすめ

新型コロナウイルス感染予防のためにお口のケアをおすすめ

コロナ検査_顕微鏡

新型コロナウイルスは、標的とする細胞にある受容体にくっついて、寄生した細胞の力を借りて増殖していくといわれております。

お口の中にいる細菌は、ウイルスが細胞内に侵入することを助長します。虫歯や歯周病など歯科疾患がある方、お口の清掃が不十分な方ほど、お口の中の細菌(歯周病菌など)が多いわけですから、よりウイルスの感染リスクも増すわけです。

新型コロナウイルスに感染すると肺の免疫力が低下するため、肺にダメージをうけやすくなります。また、感染後に肺炎が重症化するのは、お口の中にいる細菌による「細菌性肺炎」が起こるからだと言われています。
つまり、免疫力が低下した肺が「ウイルス性肺炎」と「細菌性肺炎」のダブルパンチをうけることにより重症化するわけです。

もしも新型コロナウイルスに感染した場合「ウイルス性肺炎」の予防は難しいのですが「細菌性肺炎」の予防はできるのです。帰宅時のうがいだけでなく、鼻うがいも効果あります。
起床時は特に細菌が増えていますので歯磨きと舌の汚れ取りは必須です。

鼻うがいは、鼻の奥に付着している細菌、ウイルスをも洗い流しますので、予防に効果があります。
当院で取り扱っているPOIC-次亜塩素酸水-(タンパク分解型除菌水)は、うがい、鼻うがいをしてもしみにくいので、是非お使いください。
ご不明点がございましたら、院長、スタッフにお尋ねください。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2020年5月23日

オンライン予約 求人情報 メディア掲載 口腔癌検診 成人歯科健康診査 マタニティー相談 ブライダルトータルケア
ドクターズファイル facebook 中央区ドクターズ デンタルケア三宮歯科医院ブログ 審美歯科BTA研究会